なめRUN

Running, Eating, etc.

【寿司】おすもじ処 うを徳 @東向島

18年度のマラソンシーズンも終わり、堰き止めていた食欲を解放する時がやって参りました 笑

 

実はブログを始めるならば、是非やってみたいと思っていた【食べ歩き備忘録】

 

読み難い所も多々あるかと思いますが、お付き合いいただければ幸いです🙇‍♂️

 

 

一発目は、先日奥様の誕生祝いで伺った、うを徳さん。

 

東向島駅から住宅街を5分ほど行くとf:id:namerou0405:20190318200325j:image
f:id:namerou0405:20190318200330j:image

ザ・下町に佇む地域密着のお寿司やさん...

 

と、思わせておいて

 

その実、鬼の様な仕入れと、お値打ちコースで有名😳

 

しかも、つまみ→握り という流れは他店と変わらないようなのですが、つまみの量とクオリティが半端じゃない。

 

中には、握りに入る前にギブアップして、お持ち帰りされる方もいるとのこと...

 

ラソン連戦明けの私にもってこいじゃないか❗️

 

店内に入ると、今日は私たち夫婦を含めカウンター6名のみの様子。

 

f:id:namerou0405:20190318201121j:image

 

なんというか高級店らしからぬアットホームな作りと、物腰柔らかな店主の雰囲気も相まって、むちゃくちゃくつろげます❗️

 

f:id:namerou0405:20190318201118j:image

 

ムムッ...あの蟹さんは...

 

店主『後ほど、再開をお楽しみに 😌』

 

期待させますね❗️笑

 

 

乾杯はアサヒをジョッキで

f:id:namerou0405:20190318201749j:image

奥様は響をハイボール

f:id:namerou0405:20190318201822j:image

このグラス欲しい😳笑

 

f:id:namerou0405:20190318202018j:image

一品目【山菜と山牛蒡の白味噌和え、よもぎのお麩】

 

よもぎの麩、爽やかです。

 

調べると、京料理ではよく良く出されるよう。

 

店主は、京料理のお店で修行されていたそうで、後ほど出される椀物と含めて納得です。

 

f:id:namerou0405:20190318202826j:imagef:id:namerou0405:20190318202830j:image

 

二品目 【ホタルイカと甘草の酢味噌和え】

 

おぉ!もうホタルイカ食べられるんですね!

大好物!

 

店主『一発目です。一番大きい所を😉』

 

ワタの味が濃ゆくて美味いなぁ。

酢味噌和えとの組み合わせも抜群です。

 

f:id:namerou0405:20190318203436j:image

と、お塩とお醤油が。

刺身の雰囲気を察し

f:id:namerou0405:20190318203532j:image

白ワインをグラスで。

なみなみ 笑

 

f:id:namerou0405:20190318203715j:image

刺身【鯛(明石)雲丹 (函館)】

 

f:id:namerou0405:20190318203851j:image

プリップリ

f:id:namerou0405:20190318203920j:image

雲丹、とんでもない量です...笑

 

ぉお、美味い❗️

 

店主『明日休みなんで 笑 全部出します。後で握りで3ランク上の出します。』

 

いやもう十分なんですけど 笑

 

お刺身を出し終えてから、いったん店主はカウンターをあとにします。

 

全て店主のワンオペなので、お料理やお酒の提供はのんびり 笑

 

店主のお人柄や店の雰囲気もあって、まったく気になりません。

 

f:id:namerou0405:20190318204440j:image

椀【鱒と筍(太市)白魚(下北)】

 

ぉおおお!筍!うっっま!

ホックホクです。香りも最高。

 

 

そしてなんて立派な白魚さん 笑

 

f:id:namerou0405:20190318205140j:imagef:id:namerou0405:20190318205145j:image

煮【あん肝(余市)蛸 (明石)】

 

きました!コレ食べたかったんです!!

濃厚。そして優しい甘さで炊かれていて何とも言えません😭 酒しかすすみません!

 

f:id:namerou0405:20190318210209j:image

椀②【車海老(長崎)しんじょう、筍(合馬)の椀】

 

あぁ産地違うんですね...

なんというこだわり。

 

こちらもホックホク❗️

 

店主『これから握りなんですけど、先に炊き上がったので...』

 

 

😳 ⁉️

 

 

f:id:namerou0405:20190318210646j:image

【鯛めし with 筍(合馬)】

 


f:id:namerou0405:20190318210642j:image

こんな組み合わせ許されるのか❗️

 

鬼のように美味い😭

やはり鯛めしは、鯛の食べ方の中で王様ッスね。。

 

そして桶が出てきて、いよいよ握りか⁉️

 

と、小鉢に酢飯を入れて...

 

 

f:id:namerou0405:20190318212127j:image

【津居山蟹の贅沢丼 by 店主 】

 

 

蟹さん、久々!会いたかったよ😭

 

何が贅沢かと申しますと、底に...

 

f:id:namerou0405:20190318212132j:image

バフン雲丹(噴火湾)が唸っておりました💦

 

店主『もう採算計算できません...笑』

 

↓ここから本当に握り。

ちなみに入店から3時間近くたってます。

 

ここでお隣先のご婦人はほぼギブアップのよう ...

 

酢飯の量を聞かれます。

半分にしますか?

 

え?私たち?

まだまだいけます!

普通で!笑

 

 

握りは流れるように

f:id:namerou0405:20190318213059j:image

トロ


f:id:namerou0405:20190318213054j:image

牡丹海老

 


f:id:namerou0405:20190318213015j:image

〆鯖


f:id:namerou0405:20190318213049j:image

平貝(愛知)


f:id:namerou0405:20190318213158j:image

サヨリ(銚子)

 

赤シャリは少しお酢が弱いかも?

とても優しい味です

 

店主、ここでいったん何やら奥から取り出す

 

『ええ感じですよ〜👍』

 


f:id:namerou0405:20190318213011j:image

【鰻(浜名湖)】

 

ぐわぁああきたー!!

 

専門店さんに怒られちゃう、と言いながら、店主は自信満々です 笑

 

一口でぶっ飛びました。

 

カリッとした皮、凄まじいまでの香り


f:id:namerou0405:20190318213037j:image

そして身のフワッフワなこと。

 

正直、今日イチです!

 

↓握りの続き


f:id:namerou0405:20190318213043j:image

赤貝(閖上)


f:id:namerou0405:20190318213104j:image

鯵(出水)

 

f:id:namerou0405:20190318233253j:image

烏賊(滑川)


f:id:namerou0405:20190318213024j:image

トロ アゲイン 笑

 

店主『ラスト、まだ入りますか?最近、評判良いので天丼やってます』


f:id:namerou0405:20190318213028j:image

【白子(虎河豚)天丼】

 

本当に参りました🙇‍♂️


f:id:namerou0405:20190318213109j:image

『本当に熱いので火傷しないで下さいね 笑』

 

ハフっトロっハフっ

聞く耳もたず、夢中でかきこんでしまいました💦

 

『これくらいでご勘弁を😉』

 

 

店主、最高でした❗️

 


f:id:namerou0405:20190318213019j:image

【湘南ゴールド、屋久島たんかん】

 

湘南ゴールドは想像以上に甘く、たんかんは皮ごと食べると苦味でさっぱりとして丁度良かったです。

 

これにて終了。

 

『今日は本当に特別なんですよ。やりすぎました💦』

 

店主、上手だなぁ 笑

 

これだけのモノを出されて、お値段は都内有名店の8掛け程ですから、本当に頭が下がります。

 

季節毎のその日一番良いものを楽しませてくれると思うので、次は夏頃に予約を狙いたいな👌

 

ご馳走様でした❗️🙇‍♂️

 

 

【レース備忘録】2019東京🏆DNF反省編

だいぶ日が経ってしまいましたが💦
書き残しておきます。

 

まず、今回の東京マラソンは低体温によるDNFという大変厳しい結果に...😭

 

(こういう時こそ真っ先に更新しなければブログをやっている意味が無いのに。マラソン大会で初めて経験した棄権。色々とショックが大きかったです…)

 

f:id:namerou0405:20190308203346j:imagef:id:namerou0405:20190308203353j:image

16kmくらいから身体が硬く動き難くなり、震えでアゴがガクガクし始める。

22km地点で脚が止まり、震えが激しくなる。あぁこれ、マズイやつかもしれん。。
ボランティアの方に抱えられ救護室へ。

ストーブで暖をとらせていただいてから毛布でグルグル巻きにされてベットへ。
とにかく震えがおさまらない。暖かい経口補水液を飲ませてもらいながら只管横になる。

 

少し落ち着いた頃を見計らって、医師に再開するかどうか聞かれた。

勿論だ。どんな状況になっても完走はしたかった。

と、上を着替えさせてもらい自分の服はビニール袋に入れて持ち帰りながら
コースへと戻る。しかし雨脚は変わらず。すぐに冷たさを感じた。

 

2kmもいかないところで再び震えが止まらなくなり、たまらず膝から崩れてしまった。

あえなく撃沈。

医師に状況を話すと

 

・表面だけいくら温めても、今は身体の芯が冷えている状態だから

再開しても同じことの繰り返しになる


・熱を作り出そうと、身体が震えているので、危険。

・医師として現状から、すぐ復帰させるのは考えられない。

 

観念しました。。
そしてゼッケンのバーコードを読みこまれ棄権に。

25km地点の救護室でのこと。


そして再びベットで横になった時、悔しさよりも

自分の勝手な趣味のせいで、家族や友人、お世話になっている方々に心配をかけてしまっている現状に、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

しかも、いつも通り携帯を持たずにスタートしたため、連絡手段も無し。

 

スタッフの方のご厚意で携帯をお借りすることができたので、応援ナビをみながら東京駅でゴールを待ってくれている奥様にまず連絡。

 

『(ナビの)点が動かないから、心配したよーー💦 まぁゆっくり帰ってきて〜笑』

 

気を遣ってわざとあっけらかんと話す妻の優しさに触れて、泣きそうになってました。

(勿論、後でこっぴどく叱られました 笑)




以下、今後同じような条件下で再び低体温を引き起こさないように、思い当たる要因を探っていきたいと思います。


◆整列時〜レース中の服装

 

荷物預け終わり、号砲45分前にはスタート整列へ。

 

スタート前は上下サウナスーツで完全防備。
これはかなり暖かかった。次回の冬レースの時も利用したい。

 

ただ、VF4%フライニットがかなり雨を通しやすく、足元はグジュグジュ冷え冷え。

スタート時には既に足先の感覚が無かった。

 

10分前にサウナスーツを捨て、ランシャツ+ランパン+手袋のみに。
心拍数に頼りたい一心で、結局アームカバーはつけず。
これも悪手。

 

さらに手袋も防水では無かった為、バンバン雨を通す。
結果、8km地点で手先の感覚も無くなり、補給用ジェルすら開けられず落とす始末。


全体的に軽装が過ぎた。
今回のような気温・気候では、最後までカッパを脱がなかったり
ウインドブレーカーを着用して臨む方が、適した格好だったと思う。

また、手先や足先を冷やすと、循環して身体の中心に帰って行く血が冷えるので
より体温低下を招きやすい。手袋はビニールで雨の通さないものを、足先はスタート直前まで
ガードするような対策を心がけねばと思った。


◆別大の隠れ疲労〜レース直前までの絞り込み

レース2週間まえに行った計量は49kg付近。
理想体重である47kg前後より大幅な体重増加だ。

別大後に飲み会や会食の機会はあったが、摂取カロリー自体は把握していて
2〜3日の間でカロリーの帳尻を合わせるようにしていたので、その時はかなり意外だったし焦った。


今、冷静に振り返ると、別大後に残った内臓疲労代謝の低下を招いて
体重増減の周期に遅れが出ていたのではないかと思う。

(事実、東京後に会食を重ねても、3/8の会社の健診では46.9kgと減っていたし…)


当時は焦りを感じ、直前10日で1日1500カロリー生活を始めてしまう。。

結果、無理やり1kg近く落とすことが出来たけれど
急な減量も低体温の要因だったのかもしれない。

また、別大後の内臓疲労は、直接的にも影響があったのかなと思う。

自身で認識できる筋疲労については抜けていたように思うけれど
(レース後1週間でのポイント練習でも身体はよく動いてくれた。)
甘かったんだろうな。

秋レースでも、あいだ4週間でのフル連戦の難しさを感じたが
今回の東京で厳しいほど再認識させられた。

 

特に内臓疲労による代謝の落ち込みは、認識し難いという点でも深刻。

(東京という大舞台で気合が入っていたというのもあるが、
フワフワした高揚感に足元をすくわれたようにも思う)


ここら辺は、フル連戦できる走力云々とは別に、かなり個人差のある問題かも。

少なくとも今の自分には1ヶ月での連戦は合っていないと感じた。


来シーズンは、1ヶ月半以上は間をあけるようなスケジュールの方が
色々とリスクが少なく済むということを念頭に、レースをいれたい。

◆追加

今回の東京、勿論ネガティブなことばかりではなかった。


3日前からのカーボや前日の睡眠等は問題無く、快食・快眠、そして快便であったことを考えると
直前の生活習慣に関しては、合格点をあげられると思う(減量以外は笑)

ランツイ仲間の皆様との交流も捗った。

 

KAZさん主催のシューズ円陣では、レオンさんとも再開できたし

アサヤンさんとは、なんと偶然にも整列前のトイレの列(笑)〜スタート整列前までご一緒できた。

f:id:namerou0405:20190316092023j:image

 

皆、しっかり自己ベストを更新❗️

凄ぇなぁ😳

 

改めておめでとうございます🙇‍♂️

 

 

また、一緒に参加していたゲーム🕹関係の友人2人もしっかり完走❗️

 

諸々、なんだか自分の事のように嬉しくて、正直救われた気持ちでした。

 

今回、中々できない経験をさせてもらえましたし( 経験したことを活かせるようなレースには今後出会いたくないけれど笑)

 

走り切っていない分、脚自体の疲労の抜けは早いと思うので、切り替えて次シーズンに向けた練習に励んでいきたいッス😆

 

 

ちなみに、DNF者の収容バスはあのはとバスさんでした😳

 

ぶっちゃけ初めて乗りましたよ 笑

それが収容バスになるなんてな〜💦笑

 

 

🏃‍♂️2019年 2月第3週のラン

◆2/18 休足日♨️

 

友人にお呼びいただいて、焼き鳥と日本酒☺️

ハシゴ酒でワイン→ウィスキーで午前様😅

 

東京まで禁酒スタート。

 

◆2/19🌠 1.5h jog 18.4km

f:id:namerou0405:20190223091444j:image

カロリー消費も兼ねてるのが素晴らしいですよね、1.5h走 🏃‍♂️

 

◆2/20🌠 1km ×3 レスト90秒

【3:22-22-22】

f:id:namerou0405:20190223091515j:imagef:id:namerou0405:20190223091511j:image

金曜&週末のポイントに合わせ、追い込みすぎ無いように終える🙆‍♂️

 

◆2/21🌠 1h jog 12.1km

f:id:namerou0405:20190223091543j:image

ラスト10分くらいで左前モモ外に嫌ぁ〜な張り感が...明日のポイント練、不安😑

 

◆2/22🌅 10kmBU走 Ave.3:45/km

【19’07”_18’28”】

f:id:namerou0405:20190223091609j:imagef:id:namerou0405:20190223091606j:image

 

夜は時間取れそうになかったので、朝4時半起床で頑張りました💦 笑

 

東京前ラストの、レースペースよりも速いビルドアップ10km走🏃‍♂️

 

刺激入れと、別大以降1度も履いていないVF4%慣れ用に

 

f:id:namerou0405:20190223094145j:image

 

個人的に、ヴェイパーは他シューズとかなり感触が違うので、レース前に1〜2回は履いて自分なりにスピードを出しておく方が良いと感じています🤔

 

また、東京本番の寒さ想定でアームカバーをつけ、その上からのガーミン計測だったのですが、そのせいなのか心拍数が暴れ気味😳笑

 

勿論、自分にとっては凄くシンドイペースだったのは間違いないんですけれど💦

 

光学式の限界なのかなぁ。

 

アームカバー着用時はアテにしないことにしました🙇‍♂️

 

◆2/2🌆 ジムトレ

時間取れず💦

ジムで体幹→トレミ

 

◆2/24🌅 起伏走22km@皇居

f:id:namerou0405:20190224150644j:imagef:id:namerou0405:20190226073527j:image

レースペース+15〜20秒イメージの皇居4周+α

 

ランツイ仲間の皆さんのコースがヤバすぎて、皇居くらいで起伏走っていうのもアレなんですけど笑、自分の中ではアップダウンのあるコース🤔

 

終了後、両足とも脹脛の張りを多少強く感じましたが、悪く無いです❗️

 

むしろ別大1週間前より全然いい疲労感😳

 

もし今日、気持ちよく30kmやってたら、”当たった”かもな〜と思いつつ帰路へ。東京🗼1週間前にやる勇気がなかったチキン野郎です 笑

 

 

さて、東京まで後6日。

 

別大後から、30km⤴︎走がゼロだというのが不安材料ですが

 

今更ジタバタしてもはじまりませんよね😡

後の日程は、開き直ってのんびりしやす〜

 

東京は18/19シーズンのラストランなので攻めたい❗️

 

🏃‍♂️2019年2月 第2週のラン

別大前後の1週間は殆ど疲労抜きとリカバリーに充て、ジョグを2〜3回+刺激走のみだったので、ようやく先週の月曜から練習再開といった感じでした🤔

 

◆2/11🌃 1.5h jog~Eペース 18.3km

f:id:namerou0405:20190215005519j:imagef:id:namerou0405:20190215005540j:image

別大の疲労もだいぶ抜けてきた感触🤔

 

◆2/12🌃 1km ×4 レスト90秒

【3:21-22-25-25】
f:id:namerou0405:20190215005528j:imagef:id:namerou0405:20190215005533j:image

久々のインターバル 1km。

前回の反省から、普段よりもアップ時間を伸ばしました。結果、脚はよく動いてくれたと思います👍

 

◆2/13🌅

夜に飲み会だったため、ジムで朝活&15分トレミ。

 

大塚という街は本当に良い日本酒のお店が揃ってる。酔いました〜。

 

◆2/14 

🌅 jog 5km

🌃インターミッテント走 【1分疾走→Mペース】×8   (Mペース=4:05/km意識)

f:id:namerou0405:20190215005536j:image

f:id:namerou0405:20190215005544j:imagef:id:namerou0405:20190215005523j:image

 

前日の飲み会分🍻のカロリー消費の足しにしようと頑張って朝活🏃‍♂️

 

夜は、ランツイ仲間の人達がみんなやっていてウズウズしていた練習、『インターミッテント走』にチャレンジ🏃‍♂️

 

同じ”変化走メニュー”という括りの中でも、『ファルトレク』と大きく違うのは、疾走区間をきっちり時間で決めてあげてるところなのかな。

 

ここら辺のメニューの定義を知りたいなぁといつも思います🤔

 

実は夏場に一度試みていて、暑い時でも短時間で追い込めるメニューとして、とあるトレーナーの方に教えてもらったのでした🤔

 

今回もその時と同じ内容。

1分疾走からの、ジョグペースまで落としきらずにマラソンのターゲットペースで我慢。これをワンセット。

 

久々なので、お試しとして丁度10kmくらいに納まる内容に。

 

確かに同じ時間、距離のペース走よりも疲労度は格段にある...もう2,3セットやったらかなりキツそう💦

 

ちなみに伝授してくれた方は練習の時間が限られるため、この変化走をやる時は20セットやる時もあるとか...スゴイ...

 

あとこの練習、やはり異様に脹脛にキました💦

スピードを落としきらず〜踏ん張る時と、加速の時❗️回数やると、怪我しそうな雰囲気が...😫

 

(夏場にやった時も同様の感触で、合わないのか挑むレベルが違うのかと色々考えて、継続はしなかったのです)

 

機会があったので、改めてトレーナーの方にその点お聞きしたら

 

加速と減速の繋ぎポイントでスピードを徐々に変化させてあげれば、脹脛を使い過ぎずに済むとのこと❗️

 

なるほどーー❗️🤔

次回は繋ぎに注意して、10〜12セットを目標にします👍

 

◆2/15 🌅 1.5h jog 18.km

f:id:namerou0405:20190217233730j:image

最近、大事にしているメニューの1.5h ジョグ

(みず先生直伝〜)

 

積み重ねの大事さに、今更ながら気づいています。シーズンも終わりかけているというのに笑

 

来シーズンも多用させてもらいます❗️

 

◆2/16 🌇 起伏走 25km @赤坂御所

 

週末ロング走はアップダウンのある”赤坂御所”周回コースで🏃‍♂️

 

本当は9〜10周で30kmオーバーを狙っていたんですが、木曜のインターミッテント走の疲労がしつこかったのと、空腹でヘタレ止め...😫

 

空腹は補給不足、準備不足なので論外だとして😡

 

やはり新し目の練習は、疲労度がどれだけ残るのか見当がつきにくいです💦

 

効果の程も続けてみないと分からないことも多いし、色々リスキー。

 

それでもチャレンジするべきだと思ったのは、練習の幅を広げたいから👍

 

これから先の事を考えると、引き出しは多い方が良い。

 

次回のインターミッテントは東京のリカバリー後になると思いますが、今後も継続していく予定です🏃‍♂️

 

出来れば来シーズンの練習の主力メニューにしたいところ❗️

 

東京🗼まであと14日

 

🏃‍♂️【レース備忘録】2019別大🏆レース後編

◆21〜25km  

18km辺りを過ぎた頃から、パッと開けた海の景色に心を奪われていた。大好きな宮崎の青島太平洋マラソンの海岸コースにも少し似ている気がする。どうやら自分は海コースが好物のようである。

 

いよいよ20km過ぎから中盤の難所、”バンク”が始まる。うねるカーブの始まりと終わりの傾斜が激しく、素直に通ると、細かいアップダウンの繰り返しをモロに受けることになる。

 

ここで勇気を出して、エイや!と集団を出る。

過去の別大動画を見てトップ選手のコース取りを念入りに記憶していたので、ここはそれをなぞることに集中したかったから。

 

プラス、内々の最短コースを意識。自ずと傾斜の影響も少なくて済んだ。ここでも、さんたろさんのアドバイスが活きまくっていたのである。本当に有難い。

 

そしてテレビで見て想像していた程のキツさや走りにくさを感じることなく、バンク地帯を後にする。

 

ちなみにハーフの通過は1:28:57。

スタートロス含め4:13/kmのペースで来ていた。フルのベストが出た昨年10月の水戸よりも遅い通過だが、気にはならなかった。軽い、もう半分かという印象。フルで色々と上手くハマっている時に感じるあの感覚だ。

 

その後、給水に少し手間取ったが、一口だけ飲み、あとは頭から被った。

f:id:namerou0405:20190208125937j:image

5km rap 20’50”

25km通過1:45:11

 

◆25km〜30km

バンクのコース取りに集中していたため、ジェルの摂取タイミングが遅れた。ここでようやくショッツ梅。30km以降に向け、カフェイン80mg入りのイカつい奴だ。

 

——————————————————————————————

個人的に、このカフェイン入りジェルは、飲み終えてから15〜25分後に30km地点を迎えるようなタイミングで摂るようにしている。

 

カフェインの効能により疲労がポンと飛んだ気になりハイになった所で、一番キツイであろうポイントを迎えたいからである  (思考がもうどうしようもない 笑) 

—————————————————————————-

 

更にアミノバイタルを一袋。

 

バンク地点で集団を離れ、自分の巡行ペースになったからか、下り基調の区間なのも相まってややペースが上がる。

 

しかし、落ち着け、本番は30km以降だと言い聞かせる。

 

コースは大分の中心部へ。

f:id:namerou0405:20190208202336j:image

市街地に入るにつれ、沿道の応援も増してくる。小学生の兄弟がハイタッチをしたそうに手を出していたので、思わず寄ってありがとう❗️と。 心のエネルギージェル注入完了だ。

 

29km地点。さぁ、1回目の橋アップダウンだ。弁天大橋よ、かかってこい!と腹筋に力を入れて登りモードに切り替える。

 

って...ん?もう終わり?

 

コース最大のアップダウンは難なく終わってしまった...拍子抜けというのが正直なところだった。

 

『皇居』周回練、5週目以降の方が遥かにキツい。『赤坂御所』周回の8周目 以降に比べれば他愛もなかったのだ。

f:id:namerou0405:20190209000910j:image

横殴りの風でもくるかなと、少し身構えていたが、橋の上にきても風は感じず。

 

橋を渡り終えて30km地点通過。

時計を見るとタイムは2時間5分台。

 

脚も十二分に残っている感触。

少し早い気もしたが、ここで初サブ3を確信し始める。

 

後は、どこで上げるか、出し切るか、を模索しながら進むこととなった。

f:id:namerou0405:20190208125946j:image

5km rap 20’42”

30km通過2:05:53

 

◆30〜35km

橋を渡ってしばらくすると、高校生野球部の応援軍団。初サブ3が目前に迫った嬉しさか、はたまたカフェインが効きだしてハイになっていたからなのか、応援に合わせて勢いよく拳を振り上げた。声援のお返しをいただき、ありがとう❗️とひと声。

 

給水は序盤から変わらず、一口含んで被る。

風は未だに感じていない。ほぼ無風ではなかっただろうか。

 

しかし、もし仮に天気の気まぐれで35kmの折り返しから強く吹き始めたとしたら、それはもう向かい風のはず。

 

それを考えると、余力は欲しい。

いま急激にペースアップするのは危ない。

 

よし、35km以降の最後の橋を渡り、下りで加速。残り5kmで全てを出し切り、最速ラップを狙おう。

 

プランは決まった。

最後のジェル、ショッツ梅を飲み干すと間もなく折り返しだ。

f:id:namerou0405:20190208125933j:image

5km rap 20’50”

35km通過2:26:43

 

◆36〜40km

35km。最後の折り返し。

果たして、試練の風は吹き始めるのか。

 

 

....!!

 

 

おお!無風だ!

 

 

ラソンの神様、そして別大の神様、ありがとう。今日、この地点を折り返す何人のランナーが同じことを思い、感謝したことだろう。

 

終始、絶好のコンディションだった。

 

後はスパートをかけるだけ。

このまま上げられたら56分台も出るかもしれない。

 

期待に胸を膨らませながら、最後の橋の下りで加速。このまま出来る限り上げよう。可能ならばキロ3分台のラップを残して終えようと意気込む。

 

 

が、橋を渡り終えてしばらくすると

 

 

ピクッ....

 

右脹脛から痙攣の感覚。

あ、まずい...

 

たぶんこのペースを続けたら、確実に”つる”だろう。最悪、そのままストップになるかもしれない。

 

サーっと血の気が引くのを感じた。

咄嗟にスピードを落とす。

 

給水が見える。

どうする、水をかけてみるか。

 

少し止まろうと更にスピードを緩めると

 

ピクピクッ...!!

 

あぁこれは本当にダメな奴だ。

行くも地獄、行かぬも地獄の一番まずいタイプの痙攣である。

 

兎に角、つらないように必死にコントロールする。全神経が右脹脛に注がれていた。

 

ピクピク、ピクピクピク

 

なにを自惚れていたのだろう。30kmで初サブ3確信なんて。恥ずかしい。神様、本当に申し訳ありませんでした。願わくば、元気よくラストのトラック400mを走らせてはいただけないでしょうか。

 

天国から一転、地獄へ。

f:id:namerou0405:20190208125953j:image

5km rap 21’06”

40km通過2:47:49

 

◆ラスト

兎に角、ここで釣るわけには絶対にいかない。

必死にペースをコントロールする。

 

気がつけば、どんどんと後続のランナーの方々に抜かされていく。

 

痙攣は収まり気味だ。

なんとか保ちそうだが、この区間はひたすらに悔しかった。

 

 

それでも、大分川沿い、最後の曲がり角を抜けて大分市営陸上競技場が見えると心が踊りだす。

 

テレビで見たあのラストの陸上競技場の門をいま、サブ3を目前にしながらくぐろうとしているのだ。

f:id:namerou0405:20190209005051j:image

 

競技場に入ると、眼前に鮮やかなオレンジ色の陸上トラックが広がった。

 

思わずサングラスを取る。

 

この景色をしっかり目に焼き付けよう。

きっと一生、忘れることは無いのだろうと思いながら走る。

 

奥さんは無事に着いてるだろうか。

どこかで観てくれているのだろうか。

 

最後のカーブを曲がるとき

 

『〇〇ちゃーーん!』

『〇〇ちゃーん!、がんばれーーー!あとちょっと!がんばれーーー!!』

 

!!

 

奥さんの声、ちゃんと聞こえた!!

 

f:id:namerou0405:20190209010217p:image

よかった!ありがとう!

 

手をあげて応える。

 

ありがとう!

 

f:id:namerou0405:20190209010315p:image

 

両手を広げてゴール。

 

『ッシャア!!』

 

思わず声が出た。

f:id:namerou0405:20190208125942j:image

Finish  2:57:46 

 

 

🏃‍♂️【レース備忘録】2019別大🏆レース前編

 

◆スタート〜5km

 

スタート整列に並んだのは締め切りギリギリ。

 

普段ならば、前方の位置取りを気にしてかなり早めに並ぶけれども、ご存知の通り別大はエントリー時に提出した記録証をもとに、厳密に整列させられる。流石はアスリートの大会。

 

グロスで自己ベストを狙うには1つ大きな障害となるけれど、織り込み済み。逆に言うと、いつ整列に行ってもスタート位置は変わらない→のんびりも出来るというわけで、今回は存分に時間を使わせていただいた。

 

さて、プレラインナップ(スタート前整列)の位置はやや後方寄り。だが、ここならスタートロスは1分とかからず済みそうだ。列も右端で、無理なく抜いていけそうな、好ポジョンである。

 

スタートゲートそばまで、整列したまま再移動。

 

スタートまで5分というアナウンス。

靴紐の結びを確認し、その場で軽くジャンプ→肩回しを繰り返す。ナイキのフライニットシリーズは地味に靴紐がほどけ易い印象がある。

 

30秒前。

今回はスタートからサングラスを着用して臨む事にした。日差しが強かったのと、特に序盤から集中して自身の状態を確認し、予定のペースに持ち込みたかったから。そしてこのまま気温が大幅に上がったとしても、サングラスをかけていると体感気温が若干下がる感覚を夏の練習で得ていたのが大きい。

 

10秒前。

ガーミンに手を添える。

深呼吸を1つ。

 

パンっ❗️号砲と同時にガーミンオン。

目指すはネットタイムではなくグロスタイムで文句無しのサブ3だ。同時に憧れでもある別大を精一杯楽しもうと思った。

 

スタートロスは37秒。まずまず。

しかしながら、流石に直後の混雑は凄い。

 

右からスルスルと抜いていく集団の後を追うように自分も抜ける。

 

好都合の位置に居たとはいえ流石は高レベルランナーが揃う別大だ、序盤3kmもするとプランA (4:10/km)の巡行ペースに辿り着く。

 

ここで改めて自身の調子を確認。

うん、軽い、大丈夫。勿論、5kmは下りなので安心しきってはいないが、下り分を差し引いたとしても調子をは悪くなさそう。肩をよーく回しリラックス。プランA継続だ。

 

f:id:namerou0405:20190206014139j:image

5km rap 20’53”

5km通過 21:30

スタートロス37秒

 

 

◆6〜10km

今回は別大。日本のレースで1番サブ3ランナーが多い大会ということもあり、実は序盤から都合の良いペースの集団があれば、さんたろさんのアドバイス通り、しっかりコバンザメさせていただこうと画策していた。

 

実際走ってみると、無理に狙わずとも勝手に集団走になりがちになる。皆、自身のターゲットペースの管理が上手なんだろう。凄いなぁ。

 

この地点でも自然と1つの集団に混ざる。

8kmで一発目のエネルギージェル、マグオン🍎注入。

相変わらず頭に響く甘さである。うぇ...

——————————————————————————-

今回携帯した補助食品は

【エネルギージェル】

マグオン りんご

マグオン グレープフルーツ

ショッツ梅 ×2

 

【足つり防止用、その他】

メイタン2RUN

タブレット×2

アミノバイタル(オカルト枠①

ヴェスパ(オカルト枠②

 

基本、8km毎のジェル投入。

必要なサプリは随時摂取。

—————————————————————————

 

序盤の難所、10km地点の折り返しアップダウン。集団の力をお借りしてスイスイと登れる。有難い。改めて調子も良いと感じる。

 

しばらくするとペースが合わないと感じ、集団に別れを告げる。

f:id:namerou0405:20190206015245j:image

5km rap 21’04” 

10km通過42:34

 

◆11〜15km

一発目の給水は口を湿らす程度。これは、みずさんをはじめ、先輩ランナーの方々から学んだトイレ小対策。

 

もう1つ取り、頭から被る。

既に暑さを感じていたし、当日の予報では気温は19℃まで上がるという情報があったので、被れる時に被っておこうと。

 

心配だった風は、今のところ殆ど感じていない。例年であれば追い風となる?ポイントのはずなので少し期待はしていたが...焦らず刻む。

f:id:namerou0405:20190207083322j:image

5km rap 20‘53“

15km通過1:03:27

 

◆16〜20km

16km地点で2本目のジェル、マグオングレープフルーツと、後半戦へ向けてのヴェスパを注入。

 

気がつくと強かった日差しがおさまり、曇り空になってきている、助かる。代わりに、小雨がぱらつく、丁度良いね。天候はどうやら今のところは味方してくれているように感じる。

 

ここでまた1つの集団に着いていた。

 

楽しいなぁ。普段、このペースで走る時は1人だったからかな。この日の為に皆、練習をして、今こうして同じ時間を共有していることに素直に感動していた。

 

そして、前を行く先輩ランナーの皆様の背中のなんて逞しいこと。俺についてこい❗️ と言わんばかりだ。カッコいいなぁ。抱かれてもイイ❗️笑

 

そんなことを思っていると、別府北浜を抜け、左手に海が開けてくる。

 

もう少しでハーフ。余裕はあるが、慢心はしないぞと言い聞かせる。勝負は30km以降、35kmの弁天大橋を渡り終わってからだ。

 

f:id:namerou0405:20190207190205j:image

5km rap 20’54”

20km通過1:24:21

 

🏃‍♂️【レース備忘録】2019別大🏆当日朝

前日夜は別府駅前のビジホ泊。

朝5時におきて一日中動いていたお陰か、22時には無事就寝😪→6時半起床。

 

2時に部屋の乾燥で一度起きた以外は、快眠といってよい。

 

起きてすぐに冷たい水をコップ一杯飲みお手洗いへ。(レース前に大を出し切れるように、ここ1ヶ月続けた朝のルーチン。別の記事で詳しく書きます)

 

朝食はホテルの手作りバイキング。

しっかり空腹😋

適度なおかずでご飯二杯ほどいただく。

決して食べ過ぎない。

f:id:namerou0405:20190206190014j:image

 

部屋に戻って、カーボ用のモルテンドリンク320を作り、半分程飲む。残り半分はレース30分前までに飲む(モルテンの記事も別途記します)

 

部屋で荷造りを終え、のんびりベットに横になりながら排便を促す運動。同時にコースをもう一度復習。この1週間、見っぱなしだ 笑

 

掌に本日の5km毎の予定ラップを書く

f:id:namerou0405:20190206190807j:image

汚字で大変お恥ずかしい。

 

今回は2通りのプラン。

どちらも30kmまではイーブンで通して、その後の脚の残り具合でアゲるか耐えるかを選ぶ。

 

プランAは4:10/km

f:id:namerou0405:20190206191728j:image

おそらく1番気持ち良くのれるペース

 

お世話になっているトレーナーの方には、『ハーフのタイムからすると2時間50分くらいは出てもおかしくないですよ〜笑』と焚きつけられていたが、んなわけねぇだろと、当時は全く実感がわかなかったので、あくまでも冷静に。

 

プランBは4:13/km

f:id:namerou0405:20190206192434j:image

スタートロスが1分以上あったとしても何とかグロスでサブ3が出るペースだ。

 

——————————————————————————-

 

今年グロスでサブ3を出せれば大きい。

なぜなら来年の別大では、出場が確約されるカテゴリー3⤴︎でエントリーが出来るからだ。

 

去年のカテ4エントリー合戦の悲喜交々を味わっているから尚更、それが魅力的に思える...

(カテ4は電話での先着順、および抽選)

 

——————————————————————————————

 

そうこうしているうちに、大の波が🌊😳❗️

ふぅ...っと、立て続けに第2波🌊❗️

 

勝った...ほぼ勝ちだ...

 

今まで散々、色んなレースで苦しめられてきている大との闘いである。

 

今回は2重3重の対策の甲斐アリ❗️

満足げにホテルを後にする。

 

(ちなみに今回の別大旅行✈️に付き合っていただいている奥様は、大分駅前のホットヨガLAVAへと旅立っていった。後ほどゴールの競技場🏟で落ち合う予定。)

 

自分は身体を動かしたかったので、スタート地点へのシャトルバスの出発所となる別府北浜まで徒歩移動🚶‍♂️

 

f:id:namerou0405:20190206195128j:image

 

バスは座席が埋まるとすぐに出発。

決して選手を立たせることは無いようだ。

有難い。

 

スタート地点の“うみたまご”着

f:id:namerou0405:20190206195439j:image
大きな看板と、これから戦場となるだだっ広い”別大国道“を前にして気分も高まってきた😤

 

待機場へと移動するのだが、カテゴリー4の私はテント待機 or シャトルバス待機を選ぶことに。

 

(ちなみにカテゴリー3以上の選手は、室内での待機やお手洗いの使用も可能。まさにランナー実力主義。嫌いじゃないす😉)

 

当日はとても暖く雨も降っていなかったのでテント待機を選択。バスは希望者による長蛇の列が出来ていた。

 

テント内はストーブが等間隔で配置されており、たまたまストーブの真ん前が空いていたのですかさず着座。

 

レース開始までの空腹しのぎに、セブンのカステラ1袋とメダリストグレープ味を摂取。

 

この時まだ10時前である。

流石に昼レースは待機が長いなぁ、とレース開始1時間前の11時に最後の準備を始めるとし、カバンを抱えながら就寝😪 笑  ストーブあったかいんだもん...

 

無事に起床→テントの外に出てぼちぼちアップ...って暑くないですか??これ 💦

 

日差しがとにかく強い。

 

加えて、天気予想を見ていた近くの2人組が、今日は強風らしいと噂しているではないか。

 

んー...まぁ仕方ねーな 笑

自分は真夏の北海道マラソンも走っているし、暑さには自信もあった。

 

問題は風だなぁと思いながら、ウォーキング→動的ストレッチ→ジョギング→流しと終えてテントに戻り、最後の着替え。

 

当日用モルテン320の残りを飲み干し、ラストに小&大を絞るべくお手洗いへ。。

 

んっ!奇跡の出産!

 

ホテルから数えて3度目。

これでもう何も残っちゃいない....はず 笑

 

手荷物は陸自さんの車両へ預けます。

f:id:namerou0405:20190206201826j:image

お勤めご苦労様です🙇‍♂️

 

プレラインナップ(整列)〆切まであと5分。

流しを数本入れてジョグで向かう。

 

さぁいよいよだ❗️